節約マネーラボ

お金のことを考えるブログ。お金に関する様々なお役立ち情報を配信!

望んでいることが何でも叶う奇妙で効果的な戦略

   

アメリカのビジネスライター兼テクノロジーライターであり、American Society of Journalists and Authors(全米ジャーナリスト・作家協会)の前代表であるMinda Zetlinさんのエッセイです。
彼女は"The Geek Gap"という本の共著者でもあります。
この本は2006年に発売された本ですが、日本語訳はされていないようですね。

The Geek Gap : Why Business and Technology Professionals Don't Understand Each Other and Why They Need Each Other to Survive

ギークの溝 : なぜ、ビジネスとテクノロジーのプロフェッショナルはお互いに理解しあえないのか、そして、なぜ生き残るためにお互いを必要とするのか

という副題がついています。この本も面白そうですね。
ギークというのはテクノロジーオタクいわゆるエンジニアを指す言葉です。
ビジネスマンとエンジニアというのは常に争うものですが、またお互いを必要とする存在ですからね。

そんなMinda Zetlinさんですが、May McCarthyさんの"The Path to Wealth"という本に書かれた奇妙な戦略(Wiered Strategy)について書いています。
この本は、

The Path to Wealth : Seven Spiritual Steps for Financial Abundance

富への道 : 財政的な豊かさを手に入れるためのスピリチュアルな7つのステップ

という副題がついていますね。
この本も面白そうですね。

エッセイの中でMinda Zetlinさんは、「与えることで戻ってくる」ということについて書いています。

「引き寄せの法則」というものが流行しましたが、言ってみれば「引き離しの法則」ともいえるかもしれませんね。

あるいは、あげたものは必ず帰ってくるという仏教の因果応報にも通じることかもしれませんね。

インターネットの世界でも、与えたものが帰ってくるというのは鉄則になっていますよね。
Yahooが無料のディレクトリサービスで成功しましたし、私たちが無料で検索をしたりゲームをしたりできるのも、まず与えることでユーザを獲得したからですね。

「欲しい時は上げてみる」はMinda Zetlinさんの旦那さんがいうように宇宙の法則なのかもしれませんね。

4230510165_9c986dea54_z出典:Flickr jayneandd

望んでいることが何でも叶う奇妙で効果的な戦略

完全に直感に反しているかもしれませんが、効果的です。

あなたは今、何が必要ですか?お金?余暇?健康?さらなる承認?
ここにとても奇妙な、しかし効果的に働く強力な戦略があります。
あなたが必要なものは何でも手に入れるための方法です。
そのアドバイスは、連続起業家であり、エンジェル投資家であり、The Path to Wealth(富への道)の著者であるMay McCarthyからのものです。

私も最初は懐疑的でしたが、このアプローチは私の人生の中で効果的に働くことがたくさんありました。
私の夫は宇宙はそれ自体が知性を持っているということを信じています。これがこの戦略が機能する理由だと彼は強調しています。
私は、いくつかは、Baader-Meinhof phenomenon(訳者注:人が何かを学習するとその後、短期間で立て続けにそれに関わるものに遭遇する現象)に属するものだと考えています。
この奇妙な現象はこういったものです。あなたの配偶者がLand Rover Discovery(訳者注:イギリスのLand Rover社の高級車)を買ったとします。
すると突然、あなたはこの車種を道中に何百台と見ることになるのです。(これは実際に私に起きたことです。)
私の推測では、チャンスというのも同じように働くものです。

McCarthyは言っています。
理由がなんであれ、ビジネスや個人的な人生においてあなたが何かをより欲しいと望むのであれば、それを与えなさいと。
それは再び帰ってくるでしょう。
実際の人生でそれがどう機能するのか例をいくつか示しましょう。

1. 承認が欲しい?承認を与えなさい

McCarthyの友だちは評価されていないと感じていました。そして仕事を辞めようと思っていました。
McCarthyは彼女に、周りの人に承認を与えなさいとアドバイスしました。
そして、彼女は家族や同僚に会いに行き、彼女がいかに彼らに感謝しているかを伝えました。
「その週、彼女の上司が玄関ホールにやってきて、膝を立てて肘を忠誠を誓うポーズで肘を曲げました。」
McCarthyは言います。
「彼女と彼女の部署が会計上のミスを発見してくれたおかげで会社が10,000ドルもの経費を節約することができたということにどれほど感謝しているかを聞いて欲しいと彼はその場の全員に言いました。」
このことでMcCarthyの友だちは感謝したでしょうか?
あなたの予想通り、その通りです。
このことは彼女の部署が一生懸命、献身的に働くことに寄与したでしょうか?
それもその通りですね。

2. 時間がない?時間を寄付しなさい

私は、このことが押し売りかもしれないと自発的に認めたいと思います。
もしあなたが時間がなく、場所から場所へ走り回り、自分自身の時間がないと感じていて、いつも睡眠や休息の時間が不足していると感じているのであれば、あなたが最後にやるべきはあなたの時間を調整してボランティアを行うことだと思います。
まだやっていないのであれば。
McCarthyは、このアプローチを採用した彼女の同僚が、時間が必要な時には人はそのための十分な時間を持っているということを発見したとレポートしています。
彼女の知り合いの男性が、ある組織のためにボランティアを始めたところ、その後すぐ短期間の間にこんなことが起きたそうです。
彼は約束に遅刻するのを避けられたのです。高速道路での事故渋滞が起きたことで彼の通る道が空いていたのです。

この2つのことにはミステリアスなつながりがあるのかもしれません、あるいは、高速道路の事故はただ単にラッキーな出来事だったというだけかもしれません。
しかし、このことは確かです。
ボランティアに時間を使うことによって、仕事から離れることができ、また、数時間でも仕事をしなきゃという強迫観念から離れることによって、あなたの気持ちはすっきりし、デスクに戻った時にあなたの脳はより効率的に働くのです。
このことで結果的にはより多くの時間を得ることができるのです。

3. より健康的になりたい?ほかの人がより健康的になることを助けなさい

「お互いが楽しむために少し散歩して健康的な食事を作りましょうと友だちに電話しましょう。」
とMcCarthyは提案しています。
あなたはこういった健康的な習慣をシェアすることからメリットを受けられるだけでなく、「ほかの人が健康になることを助けることに集中することで、私たちは自分自身の健康の問題に集中することをストップできるのです。
私たちの身体はすべてのストレスから開放され癒やされてー幸せになり長生きができるのです。」
と彼女は言っています。

1999年にバークレー大学で行われた調査では、ボランティアに従事した人は同じ年齢で同じ健康習慣を持つボランティアに参加していない人に比べて44%も死ぬ確率が少なかったとされています。
そして、同様にボランティアに参加した人はそうでない人に比べて高血圧になる可能性も少なかったのです。

4. お金が欲しい?定期的に上げてしまいましょう

これは売り込むのが難しいとMcCarthyも認めています。
もし請求書に支払いができないのであれば、お金を誰かに上げるというのはあなたがしたい最後のことでしょう。
しかしながら、実際にはこれはよく機能するのです。
McCarthyは知人の男性に連絡し、まったく予期せぬ"基金"を寄付することを伝えました。
そして何が起きるかを観察しました。
彼は50ドルの予期せぬ支払いを受け、そのうち5ドルを寄付して待ちました。
しばらくして、彼が犬と散歩していると、トータルで325ドルになるお金の束が道に落ちているのを発見しました。
何時間か誰も見に来ないことを見届けたあと、彼はそれを持っておくことにしました。
彼は32.5ドルを寄付し、彼の日常的な支払いから寄付することもできるようになったのです。
数カ月後、彼は20%昇給しました。

これはあなたにとって半信半疑に聞こえるかもしれません。
私もそうでした。私の人生の中でも似たようなアプローチが機能した例を経験したことがあるということを除いては。
私の友人は収入の一部をWriters Emergency Assistance Fund(訳者注:フリーランスのライターに事故や病気があった時に支援する基金)に定期的に寄付していました。
そして、彼女はそれを始めてから収入が劇的に増えました。それを聞いて私自身もどんな支払いがある時であってもこの基金や他の様々なものに少しの寄付をすることにしました。
そして私の収入もそれを行う前に比べて数年間でかなり増えたのです。

もう一度、Baader-Meinhof現象に関してですが、これは、思っていることは叶いやすいと確信してしまう傾向があるという現象によって強化されているのかもしれません。
おそらくそうでしょう。
あるいは、あなたがお金を寄付する時に、あなたは、あなたがより多くのお金を持つに値する人間だという無意識のシグナルを受け取っているのかもしれません。
なのでそれが現実になるのかもしれません。
あるいは、もしあなたが裕福な人だけが寄付を行うことができると深く信じているのであれば、あなたも寄付をしたという事実が認知的なずれを引き起こし、より多くのお金を稼ぐことでそのずれを和らげようとするのかもしれません。
あるいは、単純に、私の夫が信じているように、宇宙とはそういうように働くということなのかもしれません。

私にはわかりません、そして私がその理由を知りたいと思っているかも定かではありません。
ポイントは、これが機能するということです。
そして、私は自分が本当に欲しいものについては与えるのが良いということを信じています。
それより多くのものが帰ってくることを知っているからです。

あなたはどうでしょうか?

原典:This Weirdly Effective Strategy Will Help You Get Whatever You Want Most

 - 節約コラム